読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

創価学会の現実

創価学会の現実を現役学会員が語ります

最後のご挨拶

トウガラシです。

今年ももうすぐで終わりますが、当ブログも今回で終了することにしました。

その理由としては、これまで「現役学会員が創価学会の現実を語る」というコンセプトでブログを書いてきましたが、

創価を退会してもう現役学会員ではなくなったということもありますし、

書きたいと思っていたことをほぼ全部書いてしまい、書くことがなくなってきたということもあります。

また、引越し先での新しい生活のため実生活が忙しくなり、ブログ更新もできなくなるということもあります。

それで年末の辺りが時期としてはキリがいいと思い終了することにしました。

それに、これまでのブログ記事を振り返ってみると、

創価を美化して「創価は素晴らしい!」「創価こそ正義!」と主張している創価のネット活動家に対して、つい熱くなってしまった面がありますが、

考えてみればネット活動家の歪んだ考え方に共感するのは、

やはり同じく歪んだ考え方をしている学会員くらいのもので、

そういう歪な考え方の人間はそんなにいないものです。

過激さを売りにしているネット活動家ブログのコメント欄に共感の書き込みをしている常連もごく限られた人数しかいないようです。

ネット閲覧者の多くはそんな歪んだ考え方を表明している過激なネット活動家のブログ記事を見ても共感するどころか、

「こいつはイカレてるんじゃないのか?」とか「まともじゃないな」としか思わないでしょう。

なので、そういうネット活動家がいくらきれいごとばかりを書いて創価を賛美礼賛していても、

その主張に共感して「創価は素晴らしい団体のようだ」とか「自分も創価学会に入ってみよう」などと思うような人はほとんどいないと思います。

そういうネット活動家には勝手に言いたい放題言わせておけば、

創価というところは過激で危険な連中が集まっているところなんだという認識が広まるだけなので、

放置していても創価は衰退へと向かうしかないでしょう。

つまり、ネット活動家自身が謂わば創価を貶めるための活動をしているようなものなんですから、

私が敢えて批判をする必要もないということになります。

それに私もいつまでも創価のネット活動家の相手をしてやってるほどヒマではないのでここで終了することにしました。

これからはネットを見る時間はあまりないと思いますが、

たまに『対話を求めて』にコメントすることはあるかも知れません。

それ以外ではネット上に書き込みすることはないと思います。

それから、このブログはこのまま残しておきます。

強制削除されない限り、消えることはないでしょう。

では、これまでお付き合いいただきありがとうございました。

私はこれから自分の人生を生きて行きます。

 

 

 

広告を非表示にする