読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

創価学会の現実

創価学会の現実を現役学会員が語ります

非常識になってしまう創価組織の現実

創価聖教新聞には「常識豊かに」などと指導を書いてますが、実際には熱心な学会員ほど常識のない人間が多いものです。

そういえば思い出しましたが、

青年部の頃、地区座談会で地区部長が

「うちは団地なのであまり大きな声や音は出せないんですが、

それでも日々の勤行唱題だけは”声仏事を為す”で、

これを疎かにしていてはいかんと思って、

まず朝早く起きて大きな声で朗々と勤行唱題をし、

鉦もよく響くようにガンガン叩いて、

清々しい思いで行なってます」

などと得意そうに語ってましたが、

どれだけ隣近所に迷惑をかけてるんだと思ってしまいますね。

自分は正しいことをしてるんだから、隣人は我慢するのが当たり前とでも思っているようですが、というより、そこまで気が回らないんでしょう。

自分は正しい仏法を行じてるんだということだけ考えていて、

それが周りにどれだけ迷惑になっているかということを想像さえできないんだと思います。

その地区部長は何でも非常識というわけでもなく、普段は常識もあるんですが、

創価のことや信心活動のことになると常識的に考えられなくなるようでした。

これはその地区部長に限らず、多くのバリ活会員に言えることではないでしょうか。

それは、どんなに普段常識のある人でも、創価組織に入っていると、

創価の非常識な考え方に染まってしまい、非常識な人間になってしまうからなんでしょう。

創価はそういう非常識な会員による迷惑行為などのトラブルに対しては

「それは会員個人の資質の問題であって創価学会のせいではない」などと

何でも会員個人のせいにしてますが、非常識にさせているのは創価学会なんです。

非常識な学会員であっても創価組織に関わっていなければもっと常識豊かになっている人も多いと思います。

そういう意味においても、創価組織に関わったために人間性を疑われ人生を損してる人は多いと思いますよ。