読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

創価学会の現実

創価学会の現実を現役学会員が語ります

罵詈雑言を吐くしか能がない創価のネット活動家

何やら創価のネット活動家が吠えてるようですが、いくら吠えたところで、負け犬の遠吠えでしかないでしょう。

このネット活動家の得意の言葉は

「卑怯者! 臆病者!」と「うそつき!」

で、よく連発してますが、

そう言ってる当人も本名を明かさず素性を隠してるんですから、

人のことを卑怯者・臆病者呼ばわりする資格はないでしょう。

それから、人のことをうそつき呼ばわりしてますが、どっちがうそつきかというのは、

このブログを見てる人ならよく分かっていると思います。

創価の組織は人間主義で温かい」だの「世界中に学会員が増え続けている」だの「学会員は皆功徳にあふれている」だのと、現実を無視した聖教新聞の見え透いた記事をそのままコピペしたような、創価を美化した話ばかりを無責任にネット上で垂れ流しているこの創価のネット活動家こそ「大うそつき」と呼ばれるべきです。

それから、自分のブログや反創価ブログのコメント欄で、いかに自分が御書をよく勉強しているかということを自慢し、創価こそ正義だとか我こそ正義だとか主張してますが、そんなに御書を勉強しているのなら、その御書の一節を引用しながら、創価のどこが正しいのか、どこが正義なのかということを理路整然と説けばいいものを、書き込んでる内容はと見れば罵詈雑言を吐いて相手を罵倒しているだけか、あるいは質問をはぐらかして逃げ出すかのどっちかでしかないようです。

 要するに、罵詈雑言を吐くしか能がないわけです。

しかしそれは当たり前のことで、「世界最高の生命哲学」だとか「創価哲学」などと言っていても、創価の教義はすでに破綻状態なんですから、それを御書の一節を引用しながら論証することなどできるわけがないからです。

だから創価のネット活動家は罵詈雑言を吐いて相手を威嚇するだけか、質問に答えず逃げ出すかのどっちかしかできないんです。

いくら創価が「世界広布新時代が到来!」などと威勢のいいことばかり言っていても、

現実を見ればそれがウソであることはすぐ分かるでしょう。

その現実を反映しているものが『対話を求めて』なんです。

そのブログを見れば創価の現実が分かることでしょう。

 創価の提灯持ちであるネット活動家がいくら吠えようが喚こうが、反創価の動きはもう止められないということです。