読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

創価学会の現実

創価学会の現実を現役学会員が語ります

『創価学会仏』の行く末

創価学会仏』と「三代会長の敬称を”先生”と明記」ということが話題になってますね。

普段聖教新聞の記事は見ないのでその記事は知らなかったのですが、

さっき、よその反創価ブログを見て回っていて初めて知ったところです。

それにしても、『創価学会仏』というのはいかにも創価らしいですね。

今までも『宗教界の王者』と豪語し、何かと自画自賛ばかりしてきた創価なんですから、

「我らは仏意仏勅の教団」なんだから『創価学会仏』であるぞよ。

と勝手に言い出すのは当然の成り行きだとも言えます。

何しろそういう思い上がりと傲岸不遜ぶりが創価学会の特色でもあるわけですから。

それと「三代会長の敬称を”先生”と明記」というのは、よその反創価ブログでも「笑えた」と書かれてましたが、私も笑ってしまいました。

そんなことわざわざ会則改正で決めることでもないと思いますがね。

ちなみに私は活動家だった頃でも歴代の会長を「先生」と呼んだことはないです。

私は別に池田師匠を「先生」とは思ってなかったので、他の会員たちが「先生」と言っていても、私は「名誉会長」という言い方をしてましたね。

それが、これからは正式に「先生」と呼べということのようですね。

私はまだ学会員ですが、「先生」とは言いません。

このブログでは今まで通り「池田師匠」と書きます。

それはともかく、その聖教記事には『創価学会仏』と明記することで「宗教的独自性 一段と明らかに」と書いてましたが、「宗教的独自性」というのは要するに、「日蓮直結」とか「御書根本」などと言っていても、創価が勝手に教義を作ってやっていくぞということなんでしょう。

もはや、あれほど重要だと言っていた「文証」も「理証」も関係なく、創価が勝手に創作した何の根拠もない作り話を信じろということなんでしょう。

まあ、何でもありの創価学会ですからこれも成るべくして成ったというところではないでしょうか。

そして、今回の会則改正でも盲信会員は何とも思ってないでしょうし、それどころか感涙にむせび泣いているのではないでしょうか。