創価学会の現実

創価学会の現実を現役学会員が語ります

創価の都市伝説

こんばんわ。

とある反創価ブログに「創価学会には、選挙で公明党の票を取れば功徳があるという都市伝説がある」というような記事が書かれてあるのを見たことがありますが、「都市伝説」とはうまい表現だな、と感心したものです。

 都市伝説とはどういうものなのかとウィキペディアで調べてみると、

「『友達の友達』という、近い間柄ではなく、特定も出来ない人が体験したものとして語られる、起承転結が見事に流れる話」

「都市伝説とは、本当にあったとして語られる『実際には起きていない話』である」「実存しない可能性が高い人間が体験した虚偽についての物語」

といった定義がされています。

創価の「選挙をやれば功徳がある」というのは確かにこの定義どおりで都市伝説と言っていいですね。

それ以外にも創価には都市伝説と呼べる話がたくさんあります。

例えば、「昔は座談会などで幹部が、折伏しない者は来世はミミズやゴキブリに生まれ変わる、などとまるで見てきたようなウソを言っていた」と書いている反創価ブログの記事を見たことがありますが、確かに昔はそんな法螺話をする幹部が多かったですね。

まさに都市伝説です。

そして、財務にたくさん寄付すれば何倍にもなって返ってくるとか、財務に出し惜しみすると不幸な目に遭うとかいうのも都市伝説です。

あと、学会で信心すれば台風や地震などの自然災害の被害を免れるという話も都市伝説です。

まあ、創価の言う「功徳」や「罰」の話はほとんど都市伝説だと言ってよいでしょう。

それからついでに言えば、「学会歌には魔を打ち破る力がある」とよく幹部から聞かされましたが、これも都市伝説の1つと言ってよいでしょう。

盲信会員はこんな根拠のない都市伝説なんかを信じて選挙で必死になって公明票を頼んで回り、財務にも借金までして貢いでいるんですから、外部の人から見れば笑い話でしかないでしょう。

しかし、これまでその創価組織に呪縛されて生きてきた私などは笑いごとでは済まされません。

私が創価での体験を笑い話として語れるようになるのは、創価を脱出して、これまで失ってしまった心の平安を取り戻してから後になると思います。

ところで、これら創価の都市伝説ですが、創価首脳部にとっては都市伝説であることが実は重要であることがわかります。

というのは、よそのブログにも書かれてあるように、例えば選挙戦をやれば功徳があるとか、財務にたくさん寄付すれば何倍にもなって返ってきて幸福になるといった話は、創価の公式なメディアには一切出てません。

聖教新聞などの機関紙・誌にも、ネットの公式サイトにも一切そういうことは書かれてません。

つまり、選挙とか財務などについては、創価としては一切公式には何も表明していないのです。

なぜなら、選挙やれば功徳があるとか財務にたくさん金出せば何倍にもなって返ってくるなどと公式に出すとそれで揚げ足を取られるからです。

だから創価はそういう揚げ足を取られるようなものは公式には出さずに都市伝説化させているわけです。

もちろん、その都市伝説化させているのは末端の会員が勝手にやってることではなく、創価首脳部が意図的に末端の役職者や活動家まで流しているのです。

そうして公式には出さずにあくまでも会員の間で都市伝説化しているように見せかけることが重要なわけです。

つまり、創価は証拠を残さないというわけです。

そうすることによって、選挙で 功徳があるとか財務に大金を寄付すれば幸福になり、出し惜しみすると不幸になると指導していることに批判が起きても、創価側はそれは末端の会員が勝手にやってることであり創価としてはそんなことを正式に指導などしていないとしらばっくれることができ、全て末端の会員のせいにしてしまえるわけです。

 創価の都市伝説というのは、そういう創価首脳部の悪知恵によって作られたものだと言ってよいでしょう。

それにしても、創価学会というのは本当に狡猾な集団だとつくづく思います。