創価学会の現実

創価学会の現実を現役学会員が語ります

「人に依って法に依らざれ」こそ創価学会の理念

こんばんわ。

前回の記事で、今や創価学会は仏教団体を名乗っているにも関わらず「法に依って人に依らざれ」という仏教の理念(涅槃経にある言葉)をすっ飛ばして池田師匠(創価は池田名誉会長を師匠として強調しているので、私もこれから「師匠」という肩書を付けて書きます)を個人崇拝していると書きました。

まさしく「人によって法に依らざれ」というのが現在の創価学会の理念になっているわけです。

それで、創価学会はそこのところを公式にはどう説明しているのかと思い、公式サイトの『SOKAnet』を見てみました(私は一応まだ学会員ですが、見る気も起きないので創価のホームページは今までろくに見たことがありませんでした)。

すると、会員サポートページの『テーマ別御書要文集』の『信心の基本』カテゴリー内に『法華初心成仏抄』からの引用として

「法に依つて人に依らざれ義に依つて語に依らざれ知に依つて識に依らざれ了義経に依つて不了義経に依らざれ」

と書いてるじゃありませんか。

よくまあ、いけしゃあしゃあと書けるものだと思います。

ただ、御書の原文だけ掲載していて、その文の解説は一切ありません。

解説文まで書くと、その仏教思想と創価の現実の矛盾が詳らかになってしまうので、解説は載せないで原文だけ載せてるのかもしれないですね。

 『信心の基本』だと書いていながら、創価自体がその基本も守らず勝手に「人に依って」いるんですからただ呆れるばかりです。