創価学会の現実

創価学会の現実を現役学会員が語ります

ネット活動家の実態

インターネットによって創価学会の正体が暴かれ多くの人が創価の実態に気づき、それによって創価組織の衰退に拍車がかかっている現状にあっても、 インターネット上には相変わらず創価学会を称賛して擁護し、更には創価批判者を罵倒している盲信狂信学会員のブログが目につきます。

特に『にほんブログ村』の創価学会カテゴリーに巣食っているブログなどはその典型だと言えます。

ブログ村創価カテには反創価ブログもいくつか入ってますが、ほとんどは創価を称賛している盲信者のブログです。

私は少し前まで、そういうネット上で活動しているいわゆる学会員のネット活動家は現実の場でもバリ活なのかと思っていたのですが、近頃になってネット活動家=バリ活会員ではないということに気づきました。

それはよそのブログでも指摘されているように、現実でもバリ活会員なら、とても連日のようにブログ記事を書いたり反創価ブログを見て回ったり更にはコメント荒らしをしているようなヒマなどないからです。

私が以前見たある学会員のブログには、学会活動に没頭してるとブログの記事を書いてるヒマがないというぼやき記事が書かれてました。そのブログは記事数も少なかったですね。

そして学会活動にこれから専念するから当分の間ブログの更新はできないと書いていて、それが最後になっていましたが、これが実際のバリ活会員だろうと思います。

そのブログ主のように現実に学会活動に邁進してたら、とてもネット活動などしているヒマはないでしょう。

ところが、ブログ村創価カテに集まっているブログなどは連日のように記事を書き、反創価ブログに悪態を吐き、中にはあちらこちらの反創価ブログに乗り込んではコメント欄に攻撃的な文章を書き込んでいる者もいます。

実際にバリ活会員ならそんなことしてる時間はないはずです。

それで私はこれからは実際のバリ活の会員と区別してネット上だけで活動している盲信学会員をネット活動家と呼ぶことにします。

そのネット活動家たちはいかにも自分が師弟不二に生き切っているかのように、あるいは創価の活動に邁進しているかのように得意げに書いていて、更には創価批判をしている内部アンチや元学会員に対して、学会活動についていけない脱落者であるかのように蔑み罵倒していますが、ネット活動家にそんなこと言える資格はないと思いますよ。

内部アンチや脱会者の多くは徹底的に骨身を削る思いで学会活動に没頭してきた人がほとんどです。そういう自分も家族もギリギリまで犠牲にするような活動をしてきたからこそ創価の矛盾と実態に気がつき、それによって活動から離れ、あるいは創価組織から離れていったのです。

 果たしてネット活動家たちはそこまで徹底的に自分も家族も犠牲にするような活動を実際にしてきたんでしょうか?

 ネット上でブログ三昧の自称活動家にそんな活動ができるんでしょうか?

そういうネット活動家には、まず自分が実際に徹底的に骨身を削るような活動をしてから偉そうなことを言えと私は言っておきます。

 そこまで徹底的に自分も家族も犠牲にするような活動に没頭してそれでも「創価学会は素晴らしい」と言えるのなら大したものです。

 

 

広告を非表示にする