創価学会の現実

創価学会の現実を現役学会員が語ります

創価組織の人間関係

こんばんは、トウガラシです。

学会部外者が非活や未活学会員に向かっていう言葉に「そんなに創価学会が嫌なら、さっさと出て行けばいいじゃないか」というものがあります。

もちろんさっさと出て行けるならとっくに出て行ってますよ。

外部の人にはそれが分ってないようですが、さっさと出て行けないところが創価学会という組織なんです。 

そしてもう1つ、外部の人が言う言葉に「学会員には良い人が多いじゃないですか」というものがあります。

確かに、学会員にはもともとは善良な人が多いんですよ。創価学会で悪いことしてやろうなんて思ってる人はほとんどいないでしょう。

ほとんどの学会員は良いことしてるつもりで学会活動してるわけです。

しかし、そこが問題で、本人は良いことしてるつもりでも、実際には人の迷惑になることや、創価という悪の片棒担ぎをしているわけです。

どなたかのブログに「善人が支える悪質カルト」という記事が書かれてありましたが、

まったくそのとおりで、末端の学会員の多くは善意で良いことしてるつもりで、創価学会という悪質カルトのためにしかならない学会活動を一生懸命やっては人に迷惑かけてるわけです。

その学会員がもともとから悪人なら遠慮なく学会から出ていけるんですが、なまじ善人であるためにすんなり出ていけないという場合があるわけです。

私の母は要介護状態なので会合にも出ていけないので、婦人部員がよく家庭訪問してくるんですが、その中の、聖教新聞の集金をしているKさんという人について母は「創価学会の中であんな良い人は他にいない」といつも褒めています。

確かに、厚かましい活動家が多い中で、そのKさんはいつも笑顔で態度も控えめで、よく自宅で作った果物のはちみつ漬けなどを届けてくれるなど親切で愛想のいい婦人なんですが、そういう善良な人だから却ってさっさと創価から出て行くとか創価批判をするということができにくい面があるわけです。

母も他の婦人部員は嫌ってますが、このKさんだけは信頼していて、そういう人間関係があるのでドライに割り切って組織から決別するということができないんです。

そういう善良な人間を利用した人間関係によって組織に縛り付けるというのが創価学会の狙いでもあるわけで、そういうところが創価学会の狡猾なところだと言えるでしょう。

だから私もそういう母と学会員との人間関係があるため、創価組織から抜け出せないでいるのです。

私1人なら、よそに引っ越して創価組織からもとっくに抜けていますよ。

それができないのが創価組織の人間関係なんです。

 

 

広告を非表示にする