創価学会の現実

創価学会の現実を現役学会員が語ります

注目の反創価ブログ

トウガラシです。

私が今、最も注目している反創価ブログは『対話を求めて』というブログです。

こちらのブログは、私がインターネットを始めて間もない頃、創価の実態を知らされたブログの中の1つですが、
いくつもある反創価ブログの中で、今最も反創価運動の大きなうねりを巻き起こしているブログではないかと思います。
アクセス数が200万を達成したということで、私も遅ればせながらお祝いのコメントを書いてきました。
アクセス数200万、すごいですね。それだけ創価問題に関心を持っている人がいるということなんです。

それにしても時代の移り変わりを感じますね。
私が創価青年部で活動していた頃、活動しながらも創価にはいくつもの疑念を抱いていたのですが、それを幹部に相談しても、
「そんなことで悩むのは信心が足りないからだ」とか「もっと題目唱えろ。そうすれば解決する」などと、ほとんど何の解決にもならない適当な指導しか返ってこないので、
自分の思いを外部の人に伝えたいと思い、当時はまだインターネットなどなかったので、創価の疑問点を手書きで原稿に書き、それをいくつもコピーして小冊子としてまとめて、それらを知らない家のポストに入れたりしたものです。
まあ、そんなことしても社会に対して何の影響もない、自己満足の行動でしかなかったのですが、その頃は創価の問題を世の中に知ってもらいたいという思いがあってそんな役にも立たないムダなことをしていたものです。
本当は創価の問題点を指摘した本を出版したかったのですが、作家でもない自分が本を出すとなると自費出版しかなく、それだと費用もかかるし、第一、書店にも流通しないし、やはり世の人々の目に触れることもなく終わるだろうと思い、
それで私が次に行なったのは、新聞や雑誌の投稿欄に創価の問題点を投稿することでした。
当時はまだ新聞や出版社などのマスメディアの多くが創価に支配されているなどとは知る由もなかったので、新聞などに投稿すれば世の中に知らしめることができるんじゃないかと思ったりしてましたが、
何ぶんにも新聞や雑誌の投稿欄では文字数の制限があるので、自分の書きたいことのいくらも書けませんでした。
まあ、投稿したいくつかの原稿は新聞社に採用されて投稿欄に掲載されたこともありましたが、結局、創価学会の実名を出さない宗教一般の問題点としてしか書けませんでしたし、訴えたいことのほとんどは書けずに終わったのが不満でした。
その後はもう創価の問題点を世に知らしめるのは諦めていたのですが、それが今、インターネットの時代になって、こうして無料ブログで自分の言いたいことを何の遠慮もなく世の中に発表できる時代になったんですから、いやー、世の中、変われば変わるものですね。
やっと自分が夢見ていたことが実現できる世の中になったわけです。
そういう時代になったからこそ、今こそ創価学会の問題点を世の中に訴えていくべきだと思います。
その1つの大きな流れが『対話を求めて』を始め、反創価ブログによって巻き起こっていると言えるんじゃないでしょうか。
私のブログなど微々たる影響力しかないと思いますが、そんな私のブログでもその一端を担えるなら役に立っていこうと思ってます。
ついでに言うと、私も同じ思いを抱いている人々とコメントをやりとりして交流したいとは思ってるんですが、
コメントの1つ1つにすぐに返事を書けないかもしれず、また、反創価ブログには盲信学会員が荒らしコメントを書き込んでくるようなので、それらに対処するのも煩わしいので、
コメント欄は閉じています。
そういうわけで言いっぱなし書きっぱなしのブログですが、これからもよろしくお願いいたします。