創価学会の現実

創価学会の現実を現役学会員が語ります

反戦平和団体の現実

トウガラシです。

創価学会はこれまでも今でも「反戦平和の団体」であることを強調していますが、
現実はどうかと言えば、「平和、平和」と言いながら、創価・公明のやってることは、戦争法案への協力ではないですか。
公明党はこれまで自慢気に謳っていた「自民暴走の歯止め役」として全く役に立っていない状態ですし、バリ活学会員は自分たちが何をやってるかもわからずそんな戦争法案を通すために手を貸しているありさまです。
何しろ、バリ活会員は何のために選挙活動してるのかというと「功徳をもらうため」というバカみたいな理由で頑張ってるんですから、
自分たちの行動が戦争法案成立に手を貸していることになるなどという意識もないようです。
功徳さえもらえれば公明党がどんな政策取ろうがどんな方針に行こうが関係なしとしか思ってないからです。
日本を危うい状況に落とし込もうとしてるのが、何もわからないまま選挙活動に邁進し、首脳部から言われるままに票取りに励むバリ活会員だと言えるでしょう。
そんな創価学会公明党ももはや「反戦平和の団体」とは言えません。

本当に平和の団体だと胸を張るのなら、ここで戦争法案に反対の声を上げるべきでしょう。
情けないことに、そういう声は創価からも活動家からも上がらないようです。

聖教新聞創価学会公式サイトに今でも「世界平和」「平和運動」の記事を書いているのが白々しく感じられます。