創価学会の現実

創価学会の現実を現役学会員が語ります

創価関連ブログについて

前回からの続きになりますが、

これまでさまざまな創価学会関連ブログを見てきまして、私は創価学会を批判しているブログに共感するところが大きかったですね。

例えば学会員のブログを大きく分けると、

池田名誉会長と創価学会を無条件に賛美・称賛しているブログと、称賛しているのは同じですが、創価新報やこれまでの聖教新聞の記事を真似たかのような罵詈雑言で批判者を罵っている狂信的な内容のブログと、創価学会の現実に疑問を抱き、批判しているブログになるようです。

創価学会を賛美・称賛している学会員のブログは創価学会が発表していることをそのままコピーしたような、きれいごとだけを書いているブログが多く、創価学会の実態を知らない部外者が読めば素晴らしい団体のように思えるかもしれませんが、

創価学会の内実を知っている側からすれば、なにきれいごとばかり書いてるんだとしか思えないですね。これでは全く心に響いてきませんし、共感できません。

ましてや上から目線で創価学会批判者を汚い言葉で罵っているブログなどは同じ学会員であっても不快感しか感じないものです。

 例えば聖教新聞の多部数購読にしても功徳話などで多額の寄付を煽る財務などについても、賛美・称賛しているブログでは、自分はそんなことを強要されたこともないし、組織内でそんな話を聞いたこともないなどととぼけたような記事を書いていますが、この人らは本当に学会員なのかなと思ってしまいます。
創価学会を知らない部外者じゃあるまいし、学会員ならそんなことを知らないわけないと思いますがね。
やはり盲信者は創価学会に都合のいい記事を書いて擁護したいのだなと思います。

インターネット上でもこのありさまですが、現実の場でも、盲信している学会員にそんな疑問をぶつけてもしらばっくれるか、反逆者扱いされて罵られたりするのがオチですから、うかつに学会員に疑問を口にすることもできないのが実情です。

インターネットの時代になり、今まで知り得なかった真実の情報を得られるようになり、またこれまで自分が訴えたいことを手軽に発信することもできなかったのがこういうブログなどで手軽にできるようになったのですから、いい時代になったと思います。

これからは創価学会が信者に隠してきたことがつぎつぎに明らかにされていくのではないでしょうか。