読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

創価学会の現実

創価学会の現実を現役学会員が語ります

独り言

日蓮正宗について

以前の記事で日蓮の思想そのものにカルト性があると書きましたが、 その日蓮のカルト性が最も全面的に出ているのが創価学会と顕正会だと言えます。 アンチ創価の立場の人の中には創価や顕正会だけでなくその母体であった日蓮正宗もカルトだと言ってる人もい…

創価退会後の生き方について

創価をやめた人がその後どういう信仰や宗教、あるいは思想信条を持って生きていくかは人それぞれでしょうし、私は人それぞれであってよいと思います。 自分の頭で考えた結果であるのなら、人に迷惑をかけたり被害を与えるようなカルト集団などでない限り、そ…

創価をやめて思うこと

トウガラシです。 引っ越した直後は整理作業や転居後の手続きなどで忙しかったので、実感が湧かなかったんですが、 一息ついたら、創価の環境から離れられたという実感がじわじわと湧いてきているところです。 そして今私は創価という手枷足枷首枷を外して自…

転居完了と創価組織退会のご報告

遅くなってしまいましたが、転居と創価組織退会の報告をします。 無事、引っ越しを済ませ、学会本部宛に退会届を出しました。 慌ただしい年の瀬での引っ越しだったのでなおさら慌ただしく、 やっと一息ついてブログに書き込んでいるところです。 これで私た…

退会宣言!

突然ですが、近日中に創価学会を退会します。 このように書くと唐突に思われるかも知れませんが、 今年の3月に伯父の葬式を済ませた後から 退会に向けて着々と準備をしていたのです。 本来ならもっと早く退会したかったのですが、 前にも書いたように、今住…

祝! 対話ブログが再開

『対話を求めて』が再開されました。 私のブログを含めて、個人の反創価ブログがいくら創価の批判記事を書いて社会に発信しても、創価のような巨大悪に対してはそれほど影響力はないものです。 たとえ世の中の共感を得られたとしても、それ以上に世の中を動…

成功者は神社に行っているということについて

こんばんわ。 ブログ更新が遅れてしまいましたが、前回の記事の続きを書いてみたいと思います。 前回でも紹介した『成功している人は、なぜ神社に行くのか?』という本の広告に、 「あの経営者も政治家も武将も知っていた! 日本古来の「願いがかなうシステ…

残念な結果に

残念なことですが、『対話を求めて』が終了してしまったようです。 少し前に400万アクセスを達成し、私もその時コメントをしましたし、次の500万アクセスにもコメントしようと思っていただけに残念です。 反創価ブログが数多くある中で、あのブログほ…

やはりネット活動家だった

前回の記事の続きになります。 前回の記事で、創価批判している側を批判している創価部外者と思われるブログについて書きましたが、その後、そのブログの記事をいくつか見てみると、創価学会が出版していた漫画雑誌『希望の友』について書かれた記事がありま…

創価の実態を知らない外部の第三者について

今やインターネットを見れば、いかに創価学会によって被害を受けている人が多いかという現状がよく分かります。 それは私自身が同じような思いを抱いてきたからこそよく分かるのです。 しかし、創価学会と直接関わりのない第三者の中には、この現状がよく分…

消えてしまったある反創価ブログ

近頃、『元バリ創価学会2世のブログ』というサイトが消えてしまったようです。 このサイトはインターネットを使い始めた頃からよく読んでいたブログで、同じ学会2世ということもありとても共感を覚えましたし、今でも時々訪問して読み返していました。 そ…