創価学会の現実

創価学会の現実を現役学会員が語ります

2015-12-14から1日間の記事一覧

「世界最高の生命哲学」の現実

昨日の一般紙の書評欄を見ていると、渡辺一史氏が野矢茂樹氏の著作『哲学な日々』の書評を書いていましたが、その中に、 哲学の醍醐味とは、過去の偉大な哲学者の肩の上から遠くを見るのではなく、「ちっぽけでも自分の頭で考えることにある」 という箇所が…